• タブレットでbluetooth対応の周辺機器を活用

    bluetoothは、煩わしいケーブル接続に縛られる事無く、無線でさまざまな機器と接続する事が可能です。

    ビジネス用のタブレットを是非ご利用ください。

    Wi-Fiと比較して伝送速度が遅く、電波の届く範囲も狭いものの、タブレット本体のすぐ側で機器を接続して使用する目的のため、必要十分な距離です。

    話題の最新OKWaveを知りたいならご活用ください。

    接続が簡単で消費電力が低いのも大きなメリットで、モバイルでバッテリー駆動する、タブレットのような機器で運用するシーンに向いています。
    この時点で、数ある無線機器の中でも優れた低消費電力を誇っていますが、新規格のbluetoothlowenergyでは、更に省電力化を実現し、バッテリーへの負担が軽減されており、徐々に普及しつつあります。



    スマートフォンでも多く用いられるようなbluetooth対応のイヤホン、ヘッドフォン、ヘッドセット、スピーカーと言った機器は、コードレスでオーディオを楽しめるだけではなく、タブレット本体のスピーカーがモノラルだった場合には、ステレオやハイレゾ音声に対応した機器を接続すれば、オーディオ機能を手軽に拡張する事ができます。


    また、bluetoohキーボードと一体となったカバーと合わせて利用すれば、タブレットを、まるでノートパソコンのように使用することが可能となり、比較的リーズナブルに、いわゆる2in1を実現する事ができます。

    bluetoothテザリングは、タブレットをブロードバンドルータのように機能させ、接続した機器からも、モバイルデータ通信を利用する事ができます。
    以上のように、bluetooth対応機器には、デバイス本体の機能を拡張したり、より使いやすくしたりする等、さまざまな可能性があり、活用し甲斐のある周辺機器が豊富に揃っています。